お知らせ

《はじめに》
このブログは滋賀のQMA大会のまとめブログです。ご意見などございましたら、こちらにコメントをお願いします。

《大会動画》
滋賀QMA大会AV(Academy Video)はニコニコ動画のこちらのマイリストにて公開中です。その他の大会動画はこちらをご参照下さい。

大会予定

《大会概要》
【SH堅田】2017年7月9日(日) 14:00~ 受付開始 15:00~ 試合開始
【R1浜大津】2017年7月23日(日) 10:00~ 受付開始 14:00~ 試合開始

《大会結果》

【SH堅田】2017年6月11日(日)
【DINO彦根】2017年5月28日(日)
【R1浜大津】2016年11月12日(土)
【ACTION草津】2016年7月31日(日)
【GP京都】 2016年6月11日(土)
【AS24東近江】2015年3月14日(土)


2010年8月1日日曜日

【K-CAT大津】 2010年8月7日(土)大会概要

2010年8月7日午後二時半ごろからK-CAT大津にて大会が開催されます。受け付け開始時間は午後1時半からとなります。定員は一応32人ですが越えてしまってもなんとか許容範囲なら参加を認めるつもりです。許容範囲を超えてしまったらごめんなさい。参加費は200円です。

注意点1
ここで前回との変更点です。今回は諸事情もあり二時半頃からとなります。
「ごろ」というのはつまり、K-CAT大津御用達交通機関であるところの近江バス瀬田循環線(俗称「ゆとりバス」)の発着時刻が。

瀬田駅 11:25 → パワーセンター大津PCO 11:32
瀬田駅 13:25 → パワーセンター大津PCO 13:32
瀬田駅 14:25 → パワーセンター大津PCO 14:32

ということで、14:32着のバスでお越しのミナサマのエントリをもって締切としたいがための苦肉の措置でゴザイマス。

(そーたま日常劇場。http://sotamanorireki.blog.eonet.jp/より転載)


[店舗HP]K-CAT大津 http://www.k-cat.co.jp/tenp-ootu.htm

[交通手段]
瀬 田駅から近江鉄道バス(瀬田循環線)に乗りパワーセンター大津PCOにて下車。K-CAT大津はパワーセンター大津内にあります。バスの本数は一時間に一 本と大変少ないため乗り遅れないようお気を付けください。駅から歩いてくることも可能ですが最寄駅から30分程度かかるためあまりお勧めしません。


ルールは以下のようになっています。

次回 8月 7日(土)に予定しておりますK-CAT大津第 4回大会のルールは、こんなふうになります。基本的に前回大会のルールを踏襲します。
1. 1回戦から準決勝まで 4人(人数に応じて 3人+ダミープレイヤー)で店内対戦を行い、一律ふたり(参加人数多数の場合はひとりになることもあり)が勝ち抜け(ダミーは着順に含めない)。決勝は 4人で店内対戦を行い、順位を決定する。

2. 階級による出題形式・ジャンル選択制限は以下のとおりとする。
2-a. 白銀賢者~宝石賢者は一度使用した出題形式ないしジャンルを以降の試合で選択することはできない(ボンバーマンルール)。

注意点2
このボンバーマンルールの適応階級を前回までは青銅賢者としてきました。が今回からは白銀賢者からボンバーマン適応とルールを変更します。なお青銅賢者の方は下に記述する通り縦縛りとなります。

2-b. 賢者・大賢者・青銅賢者は一度使用したジャンルを以降の試合で選択することはできない(縦縛り)。
2-c. 魔導士・大魔導士は一度使用した出題形式およびジャンルの両方に一致するものを以降の試合で選択することはできない(ピンポイント縛り)。
2-d. 上級魔術士以下はすべての試合、出題形式・ジャンルに制限はない。
2-e. 大魔導士以下は、たとえカード引継ぎにより使用することができるとしてもランダム総合および同サブジャンルを選択することはできない。

3. また、以下の条件に当てはまるプレイヤーは階級にかかわらずボンバーマンルールを適用し、さらに選択できるジャンルへ制限をつける。
3-a. QMA6 での称号(賢王~賢神)経験者は、初めにジャンルくじを 1本引き、該当するジャンルを大会中使用不可とする。
3-b. QMA6 稼働期間中に行われた「賢竜杯†(CROSS)」出場者は、初めにジャンルくじを 1本引き、該当するジャンルを大会中使用不可とする。
3-c. QMA6 もしくはQMA7稼働期間中に滋賀県内で行われた大会での優勝経験者(正解率限定大会を除く)は、初めにジャンルくじを 1本引き、該当するジャンルを大会中使用不可とする。
3-d. 前a-c項に当てはまらないプレイヤーでも自己申告により修羅の道を選ぶ者は、ジャンルくじを 1本引き、該当するジャンルを大会中使用不可とする。

4. 前記 2. および 3. に反した場合は、以下の措置をとる。
4-a. 前記 2. および 3. に則って出題できるジャンル/形式がない場合は、ノンジャンルランダムに限り再度出題できるものとする。このときの難易度に制限は設けない。
4-b. 前記 2. および 3. に則って出題できるジャンル/形式があるにもかかわらずこれに反した場合は、ペナルティとして総得点から 400点を減算する。

5. 補則として以下を定める。
5-a. ボンバーマンルールの出題形式については、各総合形式とそこに含まれる各々の個別形式を全てひとつの形式と見なす。
5-b. ジャンル縛りのためのくじはノンジャンルを除く 7種類とする。
5-c. ジャンル縛りのためのくじ数はプレイヤーの自己申告により増やしてもよい。ただしくじ数はひとり 4本までとする。
5-d. 正規の方法では選択できない難易度をバグを利用して選択する行為は禁止する。これに反した場合は、ペナルティとして総得点から 400点を減算する。
5-eくじを4本引きながら大津大会で優勝された方は4本を越え5本引く事が可能になります。もちろん引かなくてもかまいません。更なる高みを目指したい方はどうぞ。

ちなみにジャンルくじを引く本数を増やす方は、エントリー時に申告してください。申告したその場でジャンルくじを引いていただきます。また、ジャンルくじはあなたの勝率を悪化させる危険性を高めます。無理のない本数プランで、ご利用は計画的に。


(そーたま日常劇場。http://sotamanorireki.blog.eonet.jp/より転載)

ルールや大会について解らないことや質問がある方はスタッフにお聞きください

0 件のコメント:

コメントを投稿